和風建築(町家建築、古民家建築)の名称、外観施工例なら大阪府八尾市のサンライズ技建工業へ

新築・注文住宅

在来工法で建てる木造住宅

在来工法で建てる木造住宅
サンライズ技建工業では日本伝統の在来工法で建てる本格和風住宅からモダンな洋風住宅まで、長年に渡り培ってきた大工職人技で皆様の想いをカタチにいたします。

プランニングから建具、水廻り設備、外壁、壁紙に住宅の細部に至る細かなところまで、お客様のご予算、ご要望にお応えいたします。

新築・注文住宅のことなら当社までお気軽にお問い合わせください。

平野郷の町家「祭りちょうちんが似合うまちなみ」

平野郷の町家「祭りちょうちんが似合うまちなみ」
 
サンライズ技建工業は、豊かな歴史を次の世代に伝える平野郷のまちづくりに参加しています。
 
平野郷の町家「祭りちょうちんが似合うまちなみ」

町家の種類

つく二階町家 つく二階町家
「つし(厨子)」とは、元来「屋根裏」あるいは「もの入れ」を意味する。江戸時代には通りを歩く武士を見下ろしてはならないことから、二階表側の軒高を低く抑えて「つし」としなければならなかった。江戸時代から大正初年頃まで建てられ、明治中期以降、次第に建ちが高くなり居室化するようになった。

茅葺き町家 茅葺き町家
幕末の絵図には多くの茅葺き家屋が描かれていたが、茅葺き町屋の多くは農家であった。町場に建つために間口に制約があったが、商家とは異なって大きな土間や作業のための裏庭、畑を持つ形式であった。火災に備えて妻壁を塗込めにする「高塀造(たかべいづくり)」に似た屋根を持つ。

高二階町家 高二階町家
大正期に入ると二階と本座敷を設けた建ちの高い町家が建てられるようになる。真壁造(しんかべづくり)や大壁造(おおかべづくり)、銅板壁、タイル壁が見られるが、軒裏は垂木(たるき)を見せ、ガラス障子が入れられた開放的な外観を示す。

掘付町家 掘付町家
江戸時代からの大規模な屋敷や大店(おおだな)には、掘を廻らせるものが見られたが、明治の終わり頃になると従来の通りに面した町家ではなく、掘と門を設けて主屋を引いて建てる専用住宅が現れる。大正末頃には、サラリーマンのための借家も規模は小さいが同様の形式になった。

箱軒(はこのき)町家 箱軒(はこのき)町家
大正末期に現れ、昭和初期に流行した形式で、二階の軒先を箱段状にし、防火のために銅板で覆った。二階壁面はタイルや銅板が貼られ、当時「江戸化粧」と呼ばれたハイカラな町家である。

 


長屋 長屋
戦前までは、平野郷にあっても借家の占める比率が高かった。町家形式の二戸一建て(二軒連棟)のものから大正・昭和戦前期の高二階、箱軒、平屋の長屋まで様々な借家が建てられた。
 

屋根の形態

切妻屋根
 
茅葺屋根
 
入母屋(いりもや)屋根
切妻屋根
 
茅葺屋根
 
入母屋(いりもや)屋根
町家は、棟から両側に流す切妻屋根、平入を基本としている。 切妻平入の茅葺大屋根の妻壁を塗込(ぬりこめ)や板貼で防火的にした「高塀造(たかかべづくり)」を基本とし、瓦葺の下屋庇(げやひさし)を出す。 角地の町家の多くは、入母屋造の重厚な屋根をつくることが習わしで、三角形の破風(はふ)を見せてまちなみに変化を与えている。

起り(むくり)屋根
 
煙出(けむりだし)
 
起り(むくり)屋根
 
煙出(けむりだし)
 
大屋根の傾斜面を上方向に凸状に湾曲させて屋根を小さく見せる。 竈(かまど)上部に吹抜とし、大屋根の棟が背面に小屋根を設けて煙を抜いた。  

屋根瓦

切妻屋根
 
茅葺屋根
 
入母屋(いりもや)屋根
本瓦(ほんがわら)
 
桟瓦(さんがわら)
 
一文字瓦(いちもんじがわら)
古来よりある丸瓦と平瓦を交互に葺く屋根で、豊かな陰影をつくる。 本瓦葺の丸瓦と平瓦を一体にした簡略瓦で、江戸後期に広まった。 軒先の垂れの下端(したば)が一直線になるようにした瓦で軒先を軽快に見せる。

起り(むくり)屋根
 
煙出(けむりだし)
 
煙出(けむりだし)
板瓦
 
巴瓦(本瓦)
 
軒巴瓦(のきともえかわら)
板塀瓦とも呼ばれる板状の瓦で、高塀や土蔵の窓庇(まどひさし)などにも使われる。 巴唐草(ともえからくさ)とも呼ばれ、瓦当(かわらあて)は外側に数珠、内に三つ巴紋を描く。 瓦当に外側に数珠、内に三つの巴紋を描いた巴唐草の軒浅瓦。

起り(むくり)屋根
 
煙出(けむりだし)
 
蛇の目軒瓦
 
万十軒瓦
 
瓦当は環状の紋様の一つで、正式には輪貫(わぬき)と呼ばれる。 饅頭に似ていることからこの名があり、近年多くの家屋に用いられる。  

庇と軒裏

庇と軒裏   一階庇は、間口いっぱいに約1.2から1.6m出して豊かな軒下空間をつくる。二階軒は、腕木を出して出桁を支えるものと垂木を下げるものがある。軒裏は、つし二階町家では防火の目的から漆喰塗込(しっくいぬりこめ)とするが、高二階町家に塗込めないものが見られる。昭和初期の箱軒町家では軒蛇腹を銅板で覆っている。

袖卯建(そでうだつ)

袖卯建(そでうだつ)   平野郷には本うだつ(卯建)をあげた町家は見られないが、多くの町家で2階の庇の両脇にうだつをつくっている。本来、うだつは隣家からの類焼を防ぐ目的でつくられたものであるが、優美な曲線を描いた漆喰細工や箱軒町家で瓦をのせた少し過剰ともいえる力強いデザインをなっている。

虫籠窓(むしこまど)

虫籠窓(むしこまど)   つし二階の町家の二階壁の窓は、漆喰細工の虫籠窓(むしこまど)がつくられている。直線的なものに混ざって優美な曲線を描いたものもある。二階が居室化される過程で木・金属格子のものも現れた。

駒寄(こまよせ)

駒寄(こまよせ)   江戸時代には町家の軒下空間は、道路の延長として公の土地であり、私有物を置くことはできなかった。明治になって軒下空間が私有地になり、軒下の占有と格子への距離を保つために駒寄が多く町家でつくられた。

土蔵(どぞう)

土蔵(どぞう)   土蔵の多くは敷地の奥まった場所につくられたが、通りに面して建てられたものは窓の扉や金属格子、庇のデザインが美しく、石垣も相まってまちなみのアクセントになっている。
〒581-0081
大阪府八尾市南本町2丁目5-57
TEL:072-993-9496
FAX:072-993-1009